派遣社員で働くメリット

正社員ではなく派遣社員として働く派遣のメリットについて書きたいと思います。

私は製造ラインで派遣社員として働いています。
人と接する仕事がいまいち得意ではなく、アルバイトではなく、派遣の働き方を選びました。

なぜ派遣の働き方を選んだかと言うと、一般的に派遣社員の方が、アルバイトとして働くよりも、給与体系や保険関係の条件がいいからです。

物流の派遣社員の手もありましたが、単純作業の方が自分には向いていると思い製造の仕事を選びました。
もちろん正社員として働く方が長く同じ職場で働くことが出来る人にとっては、いいこともあるかもしれません。

しかし終身雇用など遥か昔の話になってしまった現在、正社員にこだわる必要性はあまりないように感じます。

派遣のメリットとしての一つに、どうしても続けたくない職場ならば、他の派遣先に変えてもらう選択が出来ることにあります。

正社員ではそうはいきません。なぜなら辞めてしまえばまた就職活動を一からやり直さねばなりません。

そして派遣先がすごく自分にとって向いている職場だと思えば、頑張って努力を重ねればいづれは正社員として雇ってもらえるかもしれません。

もちろん世間の目など、気になることもたくさんあります。

現在の日本では派遣の働き方を選んでも、十分に生活はやっていけます。

それに日本のどこにでも身軽に仕事を求めて行けます。
まだまだ一人の人生をゆっくり見つめながら生きていきたい私にとっては、派遣社員として働くことの方が、遥かにメリットが多いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

アルバイトや派遣を検討の方のお悩み解決します